読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

東方奇行

パンティみさとの雑記。

夢と現実の往来 映画『キング・オブ・コメディ』

「キングオブコメディ 映画」の画像検索結果

現在公開中のマーティン・スコセッシ監督の『沈黙』が観たくてそわそわしている毎日です。

 

スコセッシ監督の作品は結構観ていると思っていたら意外と9本くらいしか観ていなかったので、空き時間に過去作の『キング・オブ・コメディ』を鑑賞しました!

 

ロバート・デニーロ主演ということで『タクシードライバー』と比較される作品。

 

あらすじ
コメディアンとして成功し有名人になることを夢見るルパートの妄想暴走劇。

 

ジャンルとしてはブラックコメディとされているが、はっきり言ってサイコサスペンスに近い。主人公ルパートが抱える闇が妄想の枠を超えて暴走する様が本当に、本当に怖い。

 

妄想が生み出す現実

若い頃は誰しも抱く全能感をろくに努力もしないまま30過ぎても抱き続けた結果、有名人と友達になりそのコネで大スターになろうという暴挙に出る。
ルパートの家庭状況はそこまで詳しく説明されないが、仕事をしている様子もないし、自室でジェリーとの妄想にふけっていると母親に「夜なんだから静かにしなさい!」と怒鳴られる。思春期に厨二病患者がよく体験するアレである。このようなシーンが繰り返し登場することから、母親と二人暮らしのニートであると推察される。

 

この映画は1982年の作品なんだけど、今現在某動画サイトに迷惑行為の動画を投稿して世間を騒がせる人たちとどこか通じる気がした。

 

ルパートは自分こそがキングオブコメディだと信じてやまないが、本当にコメディアンとして成功したいのかはかなり疑問である。


というのも、みんなに芸を認められたいならまずは下積みが必要だから実際のお客の前で芸を磨けとアドバイスされてもまったく聞く耳を持たないし、彼の妄想の中では常に大スターのジェリーより自分の方が優位に立っている。
つまり、ルパートにとってコメディもジェリーも自分が有名になって認められる為の道具にすぎないのだ。


それをさらに裏付ける妄想が、ジェリーの番組にゲスト出演するシーンだ。

サプライズで高校の校長先生が現れ、「我々は浅はかで君は正しかった。全国民の前で謝罪の意を表したい」と懇願する。

そして校長は神父となり高校時代の憧れの女性リタと番組内で「コメディのキングクイーン」と称して結婚式を挙げる。
ルパートは過去に受けたいじめや不幸せな子ども時代の記憶を払拭し、社会的に認められたいのだ。

 

「現実と夢の境界線が曖昧になる」と「キングとクイーンの結婚式」というキーワードで私が大学でずっと研究していたジェラール・ド・ネルヴァルの『オーレリア』がふと脳裏をよぎった。社会的にレッテルを貼られた人間という部分でも共通している。ネルヴァルの話をすると長くなるのでここで留めておくが、できれば別の機会に考察したい。

 

現実と妄想の切り替えに関しては、最初は鑑賞者も「あぁこれはルパートの妄想なんだな」と判るが、段々と「え?これは現実?妄想?」とにわかには判別しがたくなってくる。

特にラストシーンは彼の妄想なのかそれとも現実なのか鑑賞者によって意見が分かれる面白い部分なのでどのように解釈するかは自分次第である。

 

次は『タクシードライバー』を見直してこの作品と比較してみよう!

 

 

 

 

 

 

オーレリア―夢と生

オーレリア―夢と生

 

 

 

チェンソー持ったらテンション上がるっ 映画『REC3 ジェネシス』

「rec3」の画像検索結果

あらすじ

美男美女の幸せそうな結婚披露宴でゾンビ発生。親族友人もろともゾンビパーティーの始まりだ!!

 

前回は勢い余ってREC4から観てしまいちょっぴり後悔したので心新たにREC3を鑑賞。

 

結論から言おう。

 

わたしこれ好き!!

 

確かにこれまでの緊迫したシリアス路線ではないしPOVも早々に放棄してるので純粋なRECファンの怒りはわかる。しかし、今作はスプラッタ要素が格段に増し、血しぶき満載首ちょんぱ限界状態の人間が考え出したちょっとおバカな対ゾンビ作戦など、ホラーコメディ路線のゾンビ映画としてはとても楽しめた。

 

まず新郎新婦が素敵なんです。誠実そうでソフトな感じのイケメン新郎のコルドと黒髪ショートに小顔がキュートな新婦クララ。二人はとても強く愛し合っている。そんな二人を引き裂くゾンビ(笑)

披露宴会場で起きるパニックでお互い離れ離れになってしまうものの、「彼女は(彼は)絶対生きている!助けなきゃ!」と希望を捨てずにゾンビに立ち向かう。素敵じゃないですか羨ましい私もこんな人と結婚したい。

結婚式場という舞台を楽しむ

ゾンビ映画のおたのしみ要素でもある武器装備類ですが、結婚式場という少し変わったシチュエーションなので銃が転がってるわけないし、みんなの服装もドレスやタキシードだから画面は華やかだけど防護面ではかなり頼りない。

そこで使われるのが中世の甲冑とウエディングケーキに入刀する時の。一気にロマンティック!!式場のお城感もいい感じ。花嫁を救出する騎士ってかっこいいじゃん!!(めっちゃ戦いにくそうだけど)

 

一方花嫁がチョイスした武器はというと…そう、ジャケットを見てわかるようにチェンンソー!みんな大好きチェンソー!!

チェンソーが登場するだけで血しぶき量アップ↑。意外と扱いづらそうだし重たそうなので思わず「おらぁぁぁぁ!!死ねぇぇぇ!!」という感じで自分自身を鼓舞しながら戦う姿は最高に盛り上がりますね。しかもウエディングドレス×チェンソーというコラボの不釣り合いさがいいですよね。ジャケット写真の『プラネット・テラー』感も◎。

 

ただ、チェンソーが普通結婚式場付近に落ちているものなのかは不明です。

 

そして結婚式場を舞台とした理由の一つとして考えられるのが、神父がいること!(きたー!)

REC4では神父も屋根裏の少女も不在のためいまいちオカルト感が出なかった。前回の記事でもとりあえず神父を呼んで来いと私は訴え続けていたのですが、REC3ではちゃんと神父がいるのよ!

とはいえREC2のように頼もしい感じの神父ではなく、復活した悪魔たち(ゾンビ)におびえ慌てふためくばかりで花嫁のクララに助けられる始末。ギリギリの状態で絞り出した神父ならではのお祈り攻撃が意外と効きます(笑)

まぁでもほら、RECの醍醐味って単なるゾンビじゃなくて悪魔と教会の闘いというテーマもあるから一応入れといたよ~って感じなのかな。

 

チョイ役にくすっとさせられる

結婚式なので主役二人の親族や友人たちが集うわけだが、なかなか個性的な人たちが多く、彼らの逃げ様死に様にくすっとさせられる。

感染源となったクララの叔父はゾンビ化してもすっとぼけた顔してるし、何らかの理由で仲違いしていたクララの友達ナタリーは「今日ここに来ること迷ってたの…」としおらしい顔しつつちゃっかり色男といちゃいちゃしてたし。

 

中でも断トツでキャラが立っていたのは彼らの知り合いでも何でもない子どもたちのお世話係として雇われたスポンジ・ジョン。

ご存知スポンジ・ボブのパクリの着ぐるみを着ていて動きづらさナンバーワン。休憩時に外で一服している姿は何とも言えない物悲しさがある。

 

ジェネシス感はない

サブタイトルに「ジェネシス」とあるからには感染の起源を明かしてくれるものとばかり思っていたが、実は1作目とほぼ同時刻で場所が違うだけ。最初に発症した叔父も例の犬に噛まれた(1作目の幼女ジェニフェルたんが飼っていた犬のマックス)ということだけがわかっている。

なので作品の立ち位置的にはあのアパート以外の場所でもこんなことが起こってたんですよ〜ってサイドストーリーなのかな。

 

何はともあれ、RECシリーズの中では異端児的な作品であるREC3だが、個人的にはゲラゲラ笑いながら楽しめたので4よりも高評価でしたっ。

 

 

REC/レック3 ジェネシス スペシャル・プライス [DVD]

REC/レック3 ジェネシス スペシャル・プライス [DVD]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とりあえず神父を呼んでこい 映画『REC 4 ワールドエンド』

映画

rec4 worldend

あらすじ

感染現場にいた生存者たちを貨物船に隔離したつもりが案の定感染パニック。逃げ場はないぞ!!

 

さてさて。言わずと知れたスペイン発の大ヒットシリーズ●RECの続編です。

1作目と2作目が大好きで何度も鑑賞しているんだけど、3作目以降は何やらPOVをやめたとか主人公が違うとかあまり良い噂を聞いてなかったので観てなかった。

しかし、なんか久しぶりにゾンビ見たいなぁ~と鼻をほじりながらネトフリをあさっていたら4作目は初期2本のヒロインであるアンヘラちゃんが出てるしどうやら話も続いてるっぽい!どれどれちょっと観てみるかな!そんな気軽な気持ちで鑑賞してみることに。

 

ストーリーはやはり過去作の流れを汲んでいるので、3作目の結婚披露宴での惨劇の生き残りのボケ気味のおばあちゃんが出てくる。この時点で「あーやっぱり3作目も見ておくべきだったな」と後悔。

 

噂通り完全なPOVではなくて普通のカメラと監視カメラの映像を挟んで部分的に用いる程度。やっぱり船の中は幅が狭いせいなのか、単に下手くそなのかカメラワークが非常に見づらい。上からのアングルはいいんだけど、正面から映してると前から後ろから襲ってくるゾンビがよく見えなくていつの間にか仲間が噛まれていたりする。

ただのゾンビパニックになった

1作目ではあの落ち武者のような「屋根裏の少女」が悪魔に憑りつかれて呪いがウイルスとなり感染が広がっていくという話だった。悪魔とゾンビの融合。素敵。

デカいなめくじみたいな寄生体が屋根裏の少女からアンヘラの体内へと入って生きながらえ続編へとつながる。

今回もその設定は変わってはいないんだけど、悪魔とゾンビの要素よりもエイリアンバイオハザード要素が強まっていてあんまりRECっぽさが生きていない。

なめくじの姿をした悪魔はひょいひょい宿主を変えるし、ウイルスが進化して従来のワクチンでは効かず、ゾンビもより強靭で素早くなっているあたり完全に『バイオハザード』。感染したサルを何者かが船内に逃がして感染が広がるのとか『アウトブレイク』を思い出しちゃう。

1と2のようなオカルトっぽさに欠けるところが残念だったな。

登場人物が微妙

主な登場人物は1作目の舞台となったアパートに救出へ入った部隊の隊員アンヘラ、3作目の生き残りのおばあちゃん、ワクチンの研究をする謎の医師団、そして船員である。

アンヘラと隊員たち、おばあちゃんは感染現場にいたので臨時検疫施設に改造されたこの貨物船に隔離されており、医師たちの監視下にある。アンヘラたちは理由を明かされずに強制的に収容されているので脱出しようと反発し医師たちとは敵対している。

真の悪は感染源のなめくじ悪魔のはずなのに、謎の医師団がワクチン開発の為なら多少の犠牲も厭わん的なマッドドクターなので信用できないし、後半はなめくじ悪魔が誰の体に入ってるのかわからないことによる疑心暗鬼が始まる。

 

そして、

アンヘラちゃんは1作目から8年ほどの月日を経てほうれい線が気になるお年頃になった。あんなに可愛かったのになぁ…過去のリポート映像が劇中でも何回か流れるけどそのせいで余計老けたのがわかるw

 

新キャラで唯一よかったのは船員の中の頭もじゃもじゃおデブの通信士かな。すぐ死にそうに見えて意外と活躍するタイプ。あいつがいなければ途中で観るのやめてたかも(笑)

あと新たな対ゾンビの武器として「船外機」というのはとてもよかった。船外機って何?って最初思ってたけどなるほどああいうふうに使うのねw

 

 素朴な疑問

こういう感染系ゾンビ映画を観ていて毎回疑問に思うんだけど、ゾンビをぶった切るじゃん?返り血浴びるじゃん?目とか鼻とか口とかの粘膜に感染した血が付着するじゃん?なんで感染しないのかな?

『28日後』では木の上からポタッと落ちた感染者の血が目に入ってゾンビになったから納得なんだけど。どの程度の感染力なのかが曖昧だと観ていてすごく気になってしまう(笑)

 

というわけで貨物船という閉鎖空間でのゾンビパニックということではそれなりに楽しめたけど、RECの続編としてはう~んいまいち。もう少し悪魔とか屋根裏の少女の謎の解明をして欲しかった。やっぱRECは神父が出てこないとダメだな!

 

REC/レック4 ワールドエンド スペシャル・プライス [DVD]

REC/レック4 ワールドエンド スペシャル・プライス [DVD]

 

 

REC/レック [Blu-ray]

REC/レック [Blu-ray]

 

 

REC/レック 2 [Blu-ray]

REC/レック 2 [Blu-ray]

 

 

アウトブレイク [Blu-ray]

アウトブレイク [Blu-ray]

 

 

おともだちからの脱却 映画『もしも君に恋したら』

映画

f:id:pantymisatoMM:20170122000652j:image

あらすじ

失恋のトラウマから立ち直る為にパーティーに参加したらめちゃキュートな女の子といい感じになったけど、彼氏持ちだったからとりあえず友達からってことにしてお近づきになる。ほんとの気持ちを言いたいけど言えば友情が傷つくし「いい人」でいたい男の話。

 

今、(個人的に)ダニエル・ラドクリフから目が離せない

 主演はあのハリー・ポッターで有名なダニエル・ラドクリフ

ハリー・ポッターの頃はハリー役というイメージが強過ぎて彼自身にそれほど魅力を感じなかったんだけど、ハリー卒業後の彼はかなり好き。

『キル・ユア・ダーリン』では麗しのデハーンくんBL展開満載な顔面蒼白系文学青年を演じ、(デハーンくんが若き日のディカプリオに似てるし太陽と月に背いてみたいで興奮)ホーンズ 容疑者と告白の角ではダークファンタジーかつオカルトかつトレインスポッティングのような狂った世界観の中でやはり顔面蒼白な病みっぷりを披露!

 

子役出身、長編シリーズの主役という共通点でイライジャ・ウッドと同じ匂いを感じている。彼らの顔立ちが持つ繊細で少し病的な雰囲気がそう思わせるのかもしれない。

そう言えばイライジャ主演の『マニアック』もダニエル主演の『ホーンズ』もアレクサンドル・アジャが製作に関わってるし血の似合う男認定されてるんじゃないかな。

今回は初めての恋愛映画ということでさすがに血まみれになるシーンはなかったけど(笑)、誠実で気さくな男を演じていてとても好感が持てた。彼の今までの役柄を考えると、たまにはこういう人間らしい役もいいかもね。

でもやっぱり彼にはサイコな役をどんどんやって欲しいです!

 

一方、ヒロイン役のシャントリーは数年前パンティがどハマりしたルビー・スパークスの超絶キュートなゾーイ・カザン

 

いちいち着ている服のカラーセンスが抜群。

職業はアニメーターでパステルカラーの独特のタッチの絵を描く。

下品な話もオッケー。

彼氏はいるけど男友達とも遊びたい。

 

この自由奔放さ、まるで『(500日)のサマー』のサマーのようだ。

 

でも、ぶっちゃけあの映画の演出があまり好きでなかった私には本作のちょうどよいオシャレさと凝りすぎず奇をてらわない感じがとても好きでした。

というかゾーイ・カザンが笑ったり泣いたり怒ったりしているだけで画面がSo cuteなので変なミュージカルとか必要ないのだ。

 

お気に入りシーンは試着室

 本作の中で一番上がったシーンは試着室でのハプニング。

シャントリーのパーティードレスを買いにウォレスと二人でショッピング。

残り一点だけの真っ赤なドレスがシャントリーには少し小さめサイズだったが、無理やり試着することに。途中まで着たけどファスナーが上がらないので脱ごうとすると、今度は脱げなくなっちゃった!ウォレスに助けを求めるも、彼はあくまでもおともだちなので下着姿を見せるわけにはいかない。そこで二人が取った行動とは…

 

男女の友情はアリかナシか。

『(500)日のサマー』しかり『ステイフレンズ』しかりブコメの定番テーマである。

私は高校時代男だらけの軽音部にいたのでアリだと思っているし、大人になった今でも親しくしている男友達が数人いるが、男女の友情が危ういものであることは十分自覚している。

男と女のどちらか一方でも恋愛感情を持ってしまったら居心地の良い友達関係は終わってしまう。友情恋愛どちらが長続きしやすいかと言えば一般的には友情の方だろう。

今回の主人公ウォレスも「友達のままでいいからずっと彼女の傍にいたい」VS「男なら当たって砕けろ!」という感情の闘いであり、それが如実に、かつロマンティックに表現されているのがこの試着室シーンだった。

脇役のアダム・ドライバーがいい。

主人公の友人役は『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』でカイロ・レンを演じたアダム・ドライバー。彼とその恋人役マッケンジー・デイヴィスクレイジーでホットなカップルが対照的でとても良い。

この脇役カップルも主人公たちと同じパーティーで出会ってすぐに恋に落ち、人目も気にせず四六時中愛し合う。しかもかなり激しい(笑)

カイロ・レンの時はずっと思いつめたような表情だった彼が弾けまくりだし、マッケンジー・デイヴィスのちょっと鼻にかかった声や飾らない感じがとても魅力的。

主人公二人がもったりしているのでこのカップルがいいスパイスになっている。

 

というわけでダニエル・ラドクリフが出ているというだけで何となく観た映画ですが、個人的にとても好きな作品でした。

 

 

キル・ユア・ダーリン [DVD]

キル・ユア・ダーリン [DVD]

 

 

太陽と月に背いて [DVD]

太陽と月に背いて [DVD]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

盲目の老狩人―映画『ドント・ブリーズ』―

映画

f:id:tyler-7:20161126022003j:plain

あらすじ

大金を隠し持っているらしい盲目のじいさんの家に強盗に入ったらとんでもない目に遭ったおはなし。

 

日本では昨年の12月から公開され、ホラー映画好き界隈を賑わせていた本作品。

某地方都市に住む私もフライヤー自体は8月頃から見ていたので早く観たい!と心待ちにしていたのですが、なんせ地方なので公開は1月14日でした。

 

待ちに待った『ドント・ブリーズ』!!

と言っても洋ホラー映画を劇場に観に行くとせいぜい10~15名程度でしかも一人客が多いので、今回もそんな感じの客入りかな~と平日の真昼間に観に行ったらなんと!ほぼ満席!!

なにこれ?!どうしたの?!テレビで取り上げられたりしてた?若いカップルとか結構いるけど『君の名は』と間違えてない?!

 

そんな感じでかなりわいわいした雰囲気での鑑賞となり、期待度も上がる。

 

どちらの視点に立って鑑賞するか?

 前半は強盗に入る若者たちがなぜお金を必要としているのか?という説明を割と丁寧に見せる。「遊ぶ金欲しいけど働きたくないしな~よぉし強盗しちゃおうぜ!ひゃっはー!」的なノリの奴も中にはいるっちゃいるんだけど、主人公のロッキーは複雑かつ劣悪な家庭環境が背景にあり、一攫千金を手に入れたら幼い妹を連れて夢のカリフォルニアへ行くことが目的だった。

つまりこの時点ではロッキーがグレて強盗を繰り返しちゃう気持ちもわからんでもないというアプローチを観客にしている。

他人の家に忍び込むスリルでクソみたいな日常を一瞬忘れられたり、でもその後「あたし何やってんだろ…ははは…早くこんな毎日から抜け出して妹と二人でやり直すんだ!!」みたいなアレだと思う。

 

一方、強盗に入られる家には何年か前に娘を交通事故で亡くし、その示談金が金庫にあるらしいという盲目のおじいさんが住んでいる。元軍人でイラク戦争で手榴弾を受けて失明したという。

いやいや、そんなかわいそうな境遇のおじいさんからお金まで取るの?あんたら悪魔か!

と今度は強盗一味を非難しながら、やめてーおじいさん傷つけないでー!あと飼ってるワンちゃんも絶対殺さないで!!(←愛犬家のパンティは実はここが一番ハラハラした)と思っていたらところがどっこい。

このじいさん目が見えないのにローグ・ワンのチアルートの次ぐらいに強い。身体つきもよく見ると筋肉隆々だし、超人的な聴覚と嗅覚で相手の場所を察知するハイパーじいさんだった。

 

そうなってくるとまた話は別で、強盗側は気づかれないようキョンシーと遭遇した人間のごとく息を潜め、どうにか脱出を試みるがあっという間に閉じ込められてしまう。そして段々と明らかになる老人の本性…。

 

 というわけで本作は強盗する側にもされる側にも可哀そうな境遇と非難されるべき罪を犯している。一般的なホラー映画は不条理な悪魔や幽霊モンスター魑魅魍魎が一方的に何の罪もない、バカで調子に乗ってる若者たちを襲い、逃げるという構図が多いが、今回はなんだかどっちも応援したくなっちゃう。

私は最終的にはおじいちゃん派につきましたがね(笑)だってカッコイイもん。

一緒に観に行った恋人くんはロッキー派で観ていたそうな。あなたはどっち派?

 

強盗に入ったらとんでもない目に遭った系映画では『ホームアローン』が有名ですが、私がもう一つおすすめしたいのは『ワナオトコ』。タイトルが『武器人間』的な雑さなのでスルーしてしまう人も多そうですが、このワナオトコさんの巧みなトラップが最高なのでまだ観ていない方はぜひ。

あと怖くて強い老人映画で浮かんだのは『スペル』。あの婆さんとの死闘は最高だよね!最近レンタルで観たシャマランの『ヴィジット』は何とも言えない気味悪さと滑稽さが絶妙な老人映画でした…。

 

みなさんもハイパー老人との地獄の鬼ごっこをご堪能あれ。

 

ワナオトコ [DVD]

ワナオトコ [DVD]

 

 

スペル [Blu-ray]

スペル [Blu-ray]